2016.12.23 Friday 17:07

読売カルチャー情報誌

読売カルチャーの小冊子、「よみカル 冬号」の表紙を飾らせていただきました。

読売京王教室の方達と一緒です。

皆、最初から教室に席を置いてくださった20年選手です。


2016.11.06 Sunday 17:58

『調墨と運筆』刊行記念展

この所、ブロバイダーの機嫌が悪くなかなかすんなりブログをかけないで困っています。

でも、今日は何とかアップ出来ました。

9月末に日貿出版社より刊行された

「調墨と運筆の手引き」「調墨と運筆を極める」の2冊の紹介を兼ねた展覧会が、

新宿ヒルトンホテルの地下1Fのギャラリーで開催されます。

私も執筆しております。

新宿西口京王デパート前の21番乗り場より無料シャトルバスも運行されておりますので、

是非ご覧いただきたくご案内差し上げます。

 


2016.10.27 Thursday 10:30

最上回廊の巨木達

先週末、朝日旅行のスケッチの講師で最上地区を回ってきました。

今回は地元の観光協議会の沼澤さんという方が案内してくださったので、奥行きのある旅になりました。

特に印象的だったのが最上はホントに巨樹巨木の宝庫であるという事です。

今回巨木で訪ねる事が出来たのは3箇所、スギとイロハモミジだけでしたが、カヤ・ブナ・カツラ等々。

いつか、ゆっくり歩きまわりたい所が見つかりました。

又、最上は盆地になっていて、晴れればかなりの確率(70%ぐらい)で朝靄が出るとの事。

今回訪ねた巨木の森は「幻想の森」と名付けられており、樹齢1000年を超す、天然スギの森。

運が良ければ、朝早く訪れると朝靄の中、木の間からの光が筋状に降り注ぐ光景が見られるそうです。

訪れた日はあいにくの曇り空。そうは問屋がおろしませんでしたけど・・・・

 

その中で、特に惹かれた一本をスケッチしてきました。

横幅が足りなく、少し窮屈になってしまいましたが、そのうち大きな作品にしたいので、細部をしっかり観察というつもりで描いてきたものです。

 

又、ソバ畑の真ん中に「トトロの木」と名付けられた、これも1000年を超す一本の杉の巨木がありました。

なるほど、トトロです。

樹勢盛んでまだまだ大きくなりそうなかわいらしい巨樹でした。

 

 


2016.10.21 Friday 18:09

川沿いの家

岐阜県飛騨市神岡町、神通川の支流、高原川沿いの民家のスケッチをもとに描いた小品です。

来月の11人展に出す予定です。


2016.10.21 Friday 17:46

今岡紫雲英グループ展

紫雲英を読める方いらっしゃいますか?

答えは「ゲンゲ」レンゲ、レンエソウ とも。

ちなみに難読辞典に載っています。


2016.10.16 Sunday 17:34

現水展と伊藤昌先生個展のご案内

やっと秋晴れと言えるような空高い日が続いています。

出かけるにはもってこい、

現水展には新水墨画協会の仲間も数人ですが出品しています。

他にもいろいろ開催中、展覧会のはしごいかがですか?

 

 


2016.10.09 Sunday 18:14

水墨画展

「無限展」参加の友人たちの展覧会です。

丸山東子先生の個展

 

それに、吉見公子先生主催のグループ展です。

 


2016.10.06 Thursday 17:10

朝靄の竜宮小屋

先日載せた竜宮小屋をアレンジ、朝靄の情景にしてみました。

 


2016.10.06 Thursday 17:06

全国平成水墨画展

芸術の秋ですね。展覧会の御案内がめじろ押しです。

千葉玄象先生の主催する展覧会の御案内です。


2016.09.30 Friday 16:19

朝顔図

これも玉章先生の筆勢の魅力いっぱいの作品を模写・アレンジさせていただいたもの。

途中で止まってしまうと描けません。

何といってもスピードとリズムですね。


<<new | 1 / 47pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
みんなのブログ
TIME
荻の島
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.